'."\n";?> 子育てのストレスを解消する6つのコツ

子育て ストレス

子育てストレスを生む背景

育児ストレスとは、育児に関連してストレスを被っている状態。いわゆる育児ノイローゼの前駆的(一歩手前の)状態であると言えます。

 

育児ストレスは、子供の世話や教育(家庭教育)・しつけなどを負担と感じていたり、あるいは子供の身体的ないし精神的な成長具合に対する不安や焦りなどを抱いたりすることで、精神的な苦痛を受けている状態であると定義できます。

 

このサイトでは子育てによるストレスで、あなた自身の精神状態が崩れない為の情報を掲載していますので、是非ご活用下さい。


> 常に1か月待ちのクリニックが教える、3分ストレス解消方法

子育てストレス 7つの理由とは?

育児ストレスには、7種類の背景があると言われています。それを紹介しましょう。

 

@誰も自分のつらさをわかってくれないという「孤独感」
Aどんなにつらくても子どもに八つ当たりはできない「ストレス発散の場の欠如」
B自分だけで勝手に時間を使う事ができなくなった「時間的喪失」
C子どもを育てるならば、ちゃんと頑張りたい、自分がしっかりとしなきゃという「責任」
Dなんでもこなせるはずだったのに育児なんて初めてという「自信喪失」
E寝たい時に寝られない「心身疲労」
F子育てにお金がかかり、自分の欲しい物を後回しにする「金銭喪失」

 

育児は、何人かの子供を育てた者以外では常に新しい困難との遭遇であり、加えて他人の子供や育児書などに示された発達度合いと比較し、自分の子供が劣っているのではないか、ひいては自分の育て方が間違っているのではないかという不安に晒される場合も少なくありません。

 

育児にまつわる不安・葛藤・精神的な苦痛などが、またそれらに晒されている状況が、一般に育児ストレスと呼ばれるものですが、上記7つの要因がストレスを生んでいると分析できるのです。


スポンサードリンク

私の子育てストレス解消体験記